日本政府

<イラク>政府が米軍事会社に巨額賠償請求 社員銃撃事件で  【カイロ高橋宗男】バグダッドで9月16日、米民間軍事会社(PMC)「ブラックウォーターUSA」の社員が銃を乱射、多数の市民が死傷した事件で、イラク政府が同社に死者1人当たり800万ドル(約9億3700万円)の賠償金を求めていることが9日、わかった。ロイター通信がイラク政府筋の情報として伝えた。政府調査委員会は死者数を17人としており、…

続きを読む