医療のためには.....

立場が立場だけに偏った考え方かもしれませんね。

でも最近、よく思うのは余ったお金?違う、臨時収入?でもない。

ともかく、言い方はよくわからないのですが、余分なお金はやはり医療には廻ってこないということ。

富士見の男性寄付:市への生前1億円、がん撲滅の目的だった可能性 /埼玉
3月14日12時1分配信 毎日新聞


 昨年6月に肺がんで亡くなったさいたま市の男性が、入院病院のあった富士見市に同5月に生前寄付した1億円をめぐり、寄付ががん撲滅目的だった可能性のあることが13日、分かった。市議会一般質問で金子勝氏(草の根)が「男性が他の病院への寄付時に添えた遺言状の複写で分かった」と述べた。
 市は男性本人から聞いたとして、07年度の予算に公園整備のための緑化推進費として計上しており、今後論議を呼びそうだ。【藤川敏久】


公園ですか....

大切ですが.....


そういえば、宝くじの取りに来ない ぅん百億??かいくらかも公共事業で何に使われているのか知りませんが....


そういえば、大磯か二宮かどこかでも多額の寄付があったそうな。

どう使うんでしょう?


嫌だ嫌だ。救急車でたらい回しになるのは。

どうか、救急医療がきちんと機能する国になりますように。

"医療のためには....."へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: